山陰中央新報社 地域メディア局ブログ

山陰中央新報ブックフェア2016~ふるさとの遺産~

  • 日付:2016年07月28日 16:05
  • カテゴリー:出版
歴史や民俗 50点並ぶ
  今井書店両県4店舗 8月31日まで


 山陰中央新報社が発行した書籍を一堂に集めた「山陰中央新報ブックフェア2016~ふるさとの遺産~」が、松江、出雲、米子各市の今井書店4店舗で開かれており、歴史や民俗をテーマにした本、写真集など約50点を販売している。8月31日まで。

 グループセンター店(松江市田和山町)▽出雲店(出雲市高岡町)▽錦町店(米子市錦町3丁目)▽本の学校今井ブックセンター(同市新開2丁目)-で開いている。

 出雲店では郷土本のコーナーに特設棚を設置。日本遺産に認定された「たたら」にちなんだ情景を描写した最新刊「鉄のまほろば」や、「石神さんを訪ねて 出雲の巨石信仰」のほか、「世界が求めた輝き~石見銀山」「出雲の國 縁(えにし)たび」などが並び、来店者が足を止めて見ていた。

 出雲店の神門正好副店長は「目に留まりやすい配置にした。たたらに興味を引かれて手に取る人が多いと感じる」と話した。

中央新報ブックフェア
店員から書籍の説明を受ける親子=出雲市高岡町
今井書店出雲店


山陰中央新報ブックフェア2016

  • 日付:2016年07月01日 17:52
  • カテゴリー:出版
IMG_9177.jpg 山陰中央新報社が発行した歴史、民俗、文学・評論、写真集、事典・名鑑など多様なジャンルの書籍約50種を各会場に一堂に集めて展示即売します。今年は日本遺産に認定されたたたらを紹介する新刊本「鉄のまほろば~山陰たたらの里を訪ねて」や、「石見銀山写真集」、ガイド「石神さんを訪ねて」などをメーンに「ふるさとの遺産」をテーマに特集します。


◇会期 7月1日(金)~8月31日(水)

◇会場
 松江会場=今井書店グループセンター店(松江市田和山町)
 出雲会場=今井書店出雲店(出雲市高岡町)
 米子会場=本の学校今井ブックセンター(米子市新開2丁目)、今井書店錦町店(米子市錦町3丁目)

◇問い合わせ 山陰中央新報社出版部、電話0852(32)3420(平日午前10時~午後5時)

 主催 山陰中央新報社
 協力 今井書店


  book_20160701175917de7.jpg


全国地方新聞社ふるさとブックフェア

  • 日付:2016年06月13日 14:27
  • カテゴリー:出版
  32社1500冊、一堂に集め販売
       6月17日から山陰で初開催


 北は北海道から南は沖縄まで、普段はあまり目にすることがない全国の地方新聞社32社の本1500冊を一堂に集め、販売します。山陰では初の開催で、テーマは「ふるさと再発見~全国から地方新聞社の本 大集合!」。地方新聞社がそれぞれの土地の歴史や文化、自然、災害などを掘り下げて編集した書籍をお買い求めください。今回は、4月に震災で大きな被害を受けた熊本、大分の特別コーナーを設け、熊本日日新聞社編の震災特別報道写真集やおおいたインフォメーションハウスの別府・湯布院のガイドなども即売します。

 ▽期間 6月17日(金)~7月18日(月・祝)

 ▽テーマ 「ふるさと再発見~全国から地方新聞社の本 大集合!」

 ▽会場 今井書店グループセンター店(松江市田和山町88)

 ▽主催 全国新聞社出版協議会

 ▽主管 山陰中央新報社

 ▽協力 今井書店グループセンター店、トーハン広島支店

 ▽問い合わせ 山陰中央新報社出版部、電話0852(32)3420
         (平日午前10時~午後5時)


  ブックフェア

「鉄のまほろば」発刊

  • 日付:2016年06月02日 14:24
  • カテゴリー:出版
 本紙特集面で2015年1月から16年3月まで、50回にわたって連載した「鉄のまほろば」を単行本化。砂鉄採取、木炭製造、食料生産、製鉄、運搬など経済、文化、暮らしを支えた「たたら」のふるさとの情景を描写。日本遺産「たたら風土記」の全容も分かります。

 ▽編集・発行 山陰中央新報社

 ▽発刊日 5月25日(水)

 ▽体裁 A4判・130ページ、オールカラー

 ▽定価 本体価格1500円+消費税

 ▽販売 島根、鳥取両県の主要書店、山陰中央新報社、山陰中央新報販売所など

 ▽問い合わせ 山陰中央新報社出版部、電話0852(32)3420(平日午前10時~午後5時)

鉄のまほろば

  インターネットでのお申し込みはこちらへ

「鉄のまほろばシンポジウム」

  • 日付:2016年05月20日 11:50
  • カテゴリー:地域振興
鉄のまほろば 古来、中国地方で営まれてきた「たたら製鉄」をテーマにした「鉄のまほろばシンポジウム」が5月29日、雲南市加茂文化ホール・ラメール(同市加茂町)で開かれる。たたらが地域に与えた影響や文化的・景観的価値などについて、講演やパネルディスカッションを通じて理解を深める。入場無料。

 同市、安来市、奥出雲町でつくる鉄の道文化圏推進協議会が主催。同協議会が申請していた、たたら製鉄にまつわる文化財の日本遺産認定が4月に決定したのを受け、記念事業として実施する。

 当日は東京大大学院の西村幸夫教授、広島大大学院の中越信和教授、県立古代出雲歴史博物館の角田徳幸交流・普及課長が講演。資料展示や書籍販売ブースのほか、小たたら操業コーナーも設ける。

 参加希望者は氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号、参加人数を明記し、〒690―8668 松江市殿町383 山陰中央新報社地域振興部「鉄のまほろばシンポ」係まで。ファクス、0852(32)3535。同社ホームページからも申し込める。問い合わせは同部、電話0852(32)3368。

 ※申込締切 5月27日(金)正午まで(受付期間を延長しました)
  申し込みフォームはこちらから