山陰中央新報社 文化事業局ブログ事業

極美展、3日開幕 風景や人物画、多彩な80点

  • 日付:2019年11月02日 17:57
  • カテゴリー:事業
山陰極美大賞展の応募作品を品評する審査員たち=出雲市天神町、今岡美術館
 絵画を中心とした全国公募展「極美展」の作品から秀作を集めた選抜展と、山陰両県の作家育成を目指し公募した作品が並ぶ「極美展-山陰極美大賞展」(新極美術協会、今岡美術館、山陰中央新報社主催)が3日、出雲市天神町の今岡美術館で開幕する。1日までに作品が搬入され、本番を待つばかりとなった。

 風景画や人物画など、さまざまなジャンルの80点が楽しめる。昨年の極美展で最優秀の内閣総理大臣賞に輝いた出雲市出身の園山幹生さん(71)=さいたま市在住=や、今年の極美展で入賞した前開星高校野球部監督の野々村直通さん(67)=雲南市加茂町加茂中=の作品が並ぶ。

 山陰極美大賞展には、山陰両県などの21人が26点を寄せた。10月31日と1日の両日に園山さんら画家などでつくる審査会があり、最高賞の山陰極美大賞に原昌之さん=出雲市平田町=の「夕凪(ゆうなぎ)のふたり」、次席の山陰極美賞に角洋子さん=同市園町=の「小伊津」を選んだ。会場には全26作品が飾られる。

 園山さんは「自由奔放で個性的な作品が多い。大勢の人に見てほしい」と呼び掛けた。

 3日午前10時半に開幕式典、同11時半から山陰極美大賞の表彰式がある。会期は30日まで。入場料は一般600円。65歳以上500円。小中学生は無料。8、11、18、25日は休館。

迫力の取組、3600人が歓声 大相撲出雲場所

  • 日付:2019年10月25日 12:03
  • カテゴリー:事業
詰め掛けた観客の前で迫力のある取組を見せる幕内力士=出雲市矢野町、出雲ドーム(撮影・日高敏彦)
 3年ぶり10度目となる秋巡業大相撲出雲場所(出雲場所実行委員会、出雲市、山陰中央新報社主催)が24日、出雲ドーム(出雲市矢野町)で行われた。来場した約3600人が、今年を締めくくる九州場所を目前にした力士の迫力ある取組と、巡業ならではのファンサービスを堪能した。 

 昨年12月、行司の最高位・立行司に就いた出雲市出身の第41代式守伊之助さん(60)=本名・今岡英樹=の襲名記念巡業を兼ねた。伊之助さんが横綱、大関同士の2番をさばくと、会場は昇進を祝う拍手で沸いた。先の秋場所で優勝争いに絡んだ隠岐の海関も充実した取組を見せた。

 序二段から幕内までの取組や、力士との握手会や写真撮影、髪結い実演、相撲甚句や初っ切りも行われ、来場者は大相撲の魅力を存分に楽しんだ。

本紙「明窓」の裏話紹介 出雲・今井書店でトークショー

  • 日付:2019年09月19日 15:20
  • カテゴリー:事業
 山陰中央新報の1面コラム「明窓(めいそう)」にまつわる話を紹介するトークショーが8月25日、出雲市高岡町の今井書店出雲店であった。執筆陣の松村健次・本社論説副委員長(53)が、約20人に書き方の鉄則などを明かした。

 明窓は1948年元日に開始。「明窓(めいそう)浄几(じょうき)」という中国北宋の文人・欧(おう)陽(よう)脩(しゅう)の言葉が語源で「学問や執筆に適した所」を意味する。

 松村論説副委員長は、終戦の日(8月15日)と、この日が命日となった漫画家のさくらももこさんを取り上げた記事を例に、時期に合った話題を出したり、記者の思いが伝わるよう工夫したりするなどの心得を紹介した。

 参加者からは「毎朝楽しみにしている」との励ましや、「突然、私事の話が出るのでけじめが必要ではないか」など、愛読者ならではの突っ込んだ意見があった。出雲高校1年の山下桃佳さん(16)は「いろいろな視点で書いていることが分かって参考になった」と話した。

 トークショーは今井書店で開催中の「全国地方新聞社ふるさとブックフェアin出雲」を記念し、山陰中央新報社が主催した。

明窓トークショー
松村健次論説副委員長(左奥)の解説に耳を傾ける参加者=出雲市高岡町、今井書店出雲店

海洋堂フィギュア展

  • 日付:2019年07月02日 15:38
  • カテゴリー:事業
20日開幕 江津・今井美術館

 ◇会期 7月20日(土)~8月25日(日)
     午前10時~午後4時(8月13~15日は休館)

 ◇会場 今井美術館(江津市桜江町)

 ◇内容 日本が世界に誇るフィギュア造形集団「海洋堂」の作品展。社会現象にまでなったお菓子のおまけ「食玩」や、動物や恐竜、エヴァンゲリオンや北斗の拳のキャラクターなど3千点を超える作品を展示します。

 ◇入場料 一般800円(前売り600円)
      学生400円(当日のみ)
      ※小学生未満無料
      ※障害者手帳保持者ご本人様無料

 ◇主な前売り券取扱所 今井美術館、山陰中央新報社、山陰中央新報西部本社、各総局・支局、ローソンチケット(Lコード62972)など。

 ◇問い合わせ 今井美術館 電話0855(92)1839

企画展「・(てん)と―(せん) 、いろ、かたち 島根の美術室」

  • 日付:2019年04月17日 15:31
  • カテゴリー:事業
4月20日から石見美術館

 ◇会期 4月20日(土)~6月24日(月)

 ◇会場 島根県立石見美術館(グラントワ=益田市有明町)

 ◇内容 島根県内の優れた美術作品85点を一堂に集め、点と線、かたち、いろなど作品の構成要素ごとにカテゴリー分けして展示する。各要素を学校の授業を模した「時間割(章立て)」と称し、各章を作品と解説などで紹介。作品制作の材料や道具の展示もあり、いつもと異なる視点による作品鑑賞の面白さを伝える。

 ◇入館料 前売り券900円(一般のみ、企画・コレクション展セット)▽当日券 一般1千円(企画展のみ)、1150円(企画・コレクション展セット)、大学生600円(企画展のみ)700円(企画・コレクション展セット)、小中高生300円(企画・コレクション展セット)

 ◇前売り券取り扱い 主要プレイガイド、ローソン各店(Lコード62688)、山陰中央新報西部本社、益田総局など

 ◇問い合わせ グラントワ、電話0856(31)1860