山陰中央新報社 文化事業局ブログ2012年11月

砂原秀遍老師 掛軸特別記念頒布

  • 日付:2012年11月22日 17:48
  • カテゴリー:事業
 山陰中央新報創刊130周年を記念し、隠岐の島町出身で今年米寿を迎えた京都・東寺(教王護国寺)長者の砂原秀遍老師直々に特別揮毫(きごう)を依頼した掛軸2種を頒布いたします。
 一筆一筆に、砂原老師の無量慈愛が込められた高徳の一幅です。

 ◇作品1 「白馬入蘆花(はくば ろかにいる)」=一面に白い蘆(あし)の花が咲く中に、白馬がいたら見分けがつかないが蘆花と白馬は別もの。類にして等しからず―の意

 ◇作品2 「巧言令色鮮矣仁(こうげん れいしょく すくなきかな じん)」=巧みに言葉を飾ったり、巧みに取り繕ったりする人物には、仁(人間愛)の道はない―の意

 ◇各作品とも20幅限定

 ◇価格 軸装、共箱で1点18万円、2点セット32万円(いずれも消費税、送料込み)

 ◇注文受付 21日から(限定数に達し次第締め切ります)

 ◇納期 年内

 ◇代金支払い方法 現金振り込み、クレジットも可

 ◇注文、問い合わせ先 山陰中央新報 地域振興局事業部 0852-32-3415=平日午前10時~午後5時


  巧言令色鮮矣仁     白馬入蘆花


 ※社会福祉チャリティーとして売上金の一部を社会福祉事業に役立てます

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。