山陰中央新報社 文化事業局ブログ2014年03月

「お堀端茶席」 松江市内寺院、特設会場で開催

  • 日付:2014年03月25日 11:50
  • カテゴリー:事業
 山陰中央新報社は、4月26、27日、5月3、4日の4日間、「お堀端茶席」を初めて開催します。松江市内の寺院や堀川に設けた特別川床など、水都であり、茶どころとして知られる松江を象徴するスポットで点心付き茶席や薄茶、煎茶の茶席をお楽しみいただけます。

 PIP143240023A_20140325115027ac8.jpg
◇日時 4月26日(土)、27日(日)、5月3日(土)、4日(日)

◇会場と担当流派

<点心付き茶席>

 ▽4月26、27日=月照寺(不昧流大円会)、東林寺(羽楽流)※事前予約必要

 ▽5月3、4日=月照寺、東林寺(ともに不昧流不昧会)※事前予約必要

<通常茶席>

 ▽5月3日=島根県民会館(裏千家・方円流)、赤山茶道会館(武者小路千家)、堀川特設川床(表千家)

 ▽5月4日=島根県民会館(裏千家・方円流)、赤山茶道会館(武者小路千家)、堀川特設川床(表千家)、松江歴史館(三斎流)

   ※いずれも午前10時~午後3時

◇お茶席券 通常茶席は、1千円(前売りのみ)。3月26日(水)から山陰中央新報社事業部などで販売。ローソンチケット(Lコード62158)でも取り扱う。月照寺、東林寺の点心付き茶席は5千~6千円

◇問い合わせ先 山陰中央新報社事業部 0852-32-3415
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。