山陰中央新報社 文化事業局ブログ2014年05月

「渡部洋二 家庭で楽しむ茶懐石・点心」本紙連載まとめ出版

  • 日付:2014年05月23日 15:37
  • カテゴリー:出版
 出雲市今市町の和食料理店・神在(かみあり)料理わたなべの渡部洋二料理長(56)が、本紙に寄せた三つの連載企画をまとめた本「渡部洋二 家庭で楽しむ茶懐石・点心」を出版した。季節の移ろいや茶事に合わせ、旬の食材でつくる懐石料理と一品料理を提案している。

 収録したのは、本紙で2011年4月から14年3月までに連載した企画で、洋食シェフと共作した「和と洋の競演(魚編)」、茶の湯の席でのもてなし料理を紹介した「家庭で楽しむ茶懐石」、四季折々の素材を使った点心の献立を取り上げた「折々点心~家庭のおもてなし~」。

 連載した全36回分の記事を網羅し、レシピを加筆。古代出雲のおもてなし料理を復元し、紹介する安田政男・島根県日本調理技能士会会長の特別寄稿もある。

 渡部さんは「家庭で茶の湯の文化に親しむきっかけになればうれしい」と話している。

 A4変型判、88ページ。1620円。山陰中央新報社から出版し、神在料理わたなべや島根県内の主要書店で販売している。


  神在料理わたなべ
「家庭で楽しむ茶懐石・点心」を出版した渡部洋二料理長
=出雲市今市町、神在料理わたなべ