山陰中央新報社 文化事業局ブログ2016年02月

なつかしの松江城 明治・大正・昭和の絵はがき集 発刊

  • 日付:2016年02月09日 14:19
  • カテゴリー:出版
 松江城天守の国宝指定を記念した昔の絵はがき集です。かつて、絵はがきの版元でもあった今岡ガクブチ店(松江市天神町)の今岡弘延代表のコレクションの中から、明治・大正・昭和の絵はがきやガラス乾板写真計106点を収録。それぞれに解説文を付け、天守や城山での催し物、市民が憩う姿など時代の情景を伝えています。

【編著者】 今岡弘延

【体裁】 A4変型判、116ページ、カラー、上製本

【定価】 本体価格1600円+消費税

【販売】 島根、鳥取両県の主要書店、今岡ガクブチ店、山陰中央新報社、山陰中央新報販売所など。予約受け付け中

【問い合わせ】 山陰中央新報社出版部
        電話0852(32)3420(平日午前10時~午後5時)


「なつかしの松江城 明治・大正・昭和の
絵はがき集」の表紙



  インターネットでのお申し込みはこちらへ

  情景さまざま松江城、絵はがき集 今岡ガクブチ店社長