山陰中央新報社 文化事業局ブログ2017年03月

風土記育んだ景色厳選 写真集「出雲国風土記紀行」

  • 日付:2017年03月09日 14:49
  • カテゴリー:出版
 出雲国風土記に登場する自然風景を視覚的に紹介する写真集「出雲国風土記紀行」を、島根県教育委員会が刊行し、県内の書店などで販売を始めた。出雲市大社町の日本海越しに眺める三瓶山(大田市三瓶町)、国引き神話ゆかりの弓ケ浜半島の白砂(境港市麦垣町)などを彩り豊かに表現している。

 風土記の魅力を分かりやすく伝えるため、県古代文化センターが2013年に編集を始め、撮影は出雲市内のプロカメラマンが手掛けた。A4判98ページで、写真を主体に簡明な解説文、撮影地を記した地図も掲載した。

 風土記に登場し、場所が判明している46カ所を厳選した。「国引き神話の世界」「神話と伝承」「出雲の原風景」「出雲びとの営み」の4章で構成している。

 このうち「出雲の原風景」は現在の島根県東部の豊かな自然から、風土記の世界に思いをはせる趣向。風土記でたこ島と表記される大根島(松江市八束町)の雲海、野見宿祢(のみのすくね)の相撲伝承の残る飯南町の雪景色など、静けさの伝わる写真が目を引く。

出雲国風土記紀行