山陰中央新報社 文化事業局ブログ2019年05月

松江ホーランエンヤ  五大地の特徴紹介 ガイドブック人気

  • 日付:2019年05月22日 16:36
  • カテゴリー:出版
 陽光を乱反射する宝珠が天を突く櫂伝馬船(かいでんません)が、5月の薫風に乗って松江市の大橋川を進む。照覧あれと天に祈る剣櫂(けんがい)や、全身を弓のようにしならせて踊る采振(ざいふ)り、船首でにらみをきかせる水先案内人、観覧者に愛らしく手を振る招待(まねき)…。水都を舞台とするホーランエンヤが18日、渡御祭で幕を開けた。


 大橋川周辺の桟敷席や宿泊施設の近くの特設コーナーでは、ホーランエンヤのガイドブックが販売され、詰め掛けた観光客らが買い求めた。

 山陰中央新報社が発刊したガイドブックはB5判、オールカラー28ページの500円。松江市出身の俳優・佐野史郎さんのインタビューや、五大地の特徴などを紹介している。

 松江大橋や新大橋近くに設けた特設コーナーでは数百部が完売。買い求めた名古屋市の会社員立川正幸さん(61)は「歴史をもっと詳しく知りたい」とガイドブックを手に船行列を楽しんだ。

 7千部発行。松江市内の書店や新聞販売店、松江歴史館などで販売している。


ホーランエンヤガイドブック
ガイドブックを購入する観覧者(右)=松江市向島町