山陰中央新報社 文化事業局ブログ2019年12月

踊りや演奏を披露、1400人楽しむ 雲南市民余芸大会

  • 日付:2019年12月02日 14:49
  • カテゴリー:事業
ダンス「げんき!かもめっこ!」を披露する雲南市立かもめ保育園の園児たち
 社会福祉チャリティーの「第13回雲南市民歳末余芸大会」が1日、雲南市三刀屋町古城の三刀屋文化体育館アスパルで開かれ、市内の17個人・団体が踊りや演奏を披露し、市民ら約1400人を楽しませた。

 第1部は、市立かもめ保育園の4、5歳児40人の元気なダンス「げんき!かもめっこ!」で幕開け。清吟堂吟友会吟剣詩舞部のメンバーは、力強い太刀さばきで山陰の武将・山中鹿介をしのぶ群舞を演じた。

 第2部は、同市木次町出身で世界的なジャズピアニストとして活躍した世良譲さん(故人)をたたえるメモリアルカルテットが特別出演。出雲市のプロミュージシャン熱田修二さん(68)がピアノを奏で、世良さんが好んだ「ダニーボーイ」を演奏。特別出演の速水雄一市長がカルテットをバックに「また逢う日まで」を歌った。親子らでつくる「TEAM輪音天咲」の18人は、同市掛合町のミュージシャン白築純さん(故人)が作った曲「HERE!!」のよさこい踊りを披露し拍手を受けた。

 山陰中央新報社と雲南市、JAしまね雲南地区本部、市商工会、市社会福祉協議会と地元の第三セクター・キラキラ雲南でつくる実行委員会が主催。収益金は地域福祉に役立てる。