山陰中央新報社 文化事業局ブログ迫力の取組、3600人が歓声 大相撲出雲場所

迫力の取組、3600人が歓声 大相撲出雲場所

  • 日付:2019年10月25日 12:03
  • カテゴリー:事業
詰め掛けた観客の前で迫力のある取組を見せる幕内力士=出雲市矢野町、出雲ドーム(撮影・日高敏彦)
 3年ぶり10度目となる秋巡業大相撲出雲場所(出雲場所実行委員会、出雲市、山陰中央新報社主催)が24日、出雲ドーム(出雲市矢野町)で行われた。来場した約3600人が、今年を締めくくる九州場所を目前にした力士の迫力ある取組と、巡業ならではのファンサービスを堪能した。 

 昨年12月、行司の最高位・立行司に就いた出雲市出身の第41代式守伊之助さん(60)=本名・今岡英樹=の襲名記念巡業を兼ねた。伊之助さんが横綱、大関同士の2番をさばくと、会場は昇進を祝う拍手で沸いた。先の秋場所で優勝争いに絡んだ隠岐の海関も充実した取組を見せた。

 序二段から幕内までの取組や、力士との握手会や写真撮影、髪結い実演、相撲甚句や初っ切りも行われ、来場者は大相撲の魅力を存分に楽しんだ。

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)